第1回日本ヘーゲル学会・フロンティア研究部会開催のお知らせ

この度、本学会で新たに立ち上がりましたフロンティア研究部会の 
第1回目の部会を開催する運びとなりましたのでお知らせします。 
以下の次第でワークショップの開催となります。オンラインでの開催の 
特性を生かし、海外留学・在外研究中の方々に登壇頂きます。 
皆様奮ってご参加ください。 

 日時:2022年12月18日(日) 19時〜21時45分(日本時間) 
 開場:オンライン(Zoom) 
  ・会員は事前申し込みなしで参加可能。
    →会員MLでご案内したリンクをご利用ください。
  ・非会員はウェブにて申し込み。(無料)
    →開催が近づきましたらこちらのHPにてご案内いたします。

ワークショップ:ドイツ古典哲学研究の最前線を展望する 

 登壇者及び発表タイトル: 
  八幡さくら氏(ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校・非会員) 
   「シェリング芸術哲学の展開ー一次文献の編纂状況と近年の研究から」 
  中島新氏(ボン大学・会員) 
   「実在論的転回?——ヘーゲル・シェリング自然哲学にかんする最近の研究動向について」 
  真田美沙氏(ハイデルベルク大学・会員) 
   「ヘーゲルとヤコービにおける反スピノザの起源:ヘムスターホイス『アリスタイオス、あるいは神性について』を手掛かりに」 
  司会:嶺岸佑亮(東北大学)