トップに戻る

日本ヘーゲル学会について

日本ヘーゲル学会は、ヘーゲル研究会(1986年-2005年)を母体として、2005年度より学会として発足しました。

ヘーゲルの哲学・思想に関する研究を促進し、研究者相互の交流を図ることを目的としています。


日本ヘーゲル学会規約

2004年12月19日制定 
2005年 4 月 1 日施行 
2008年 6 月14日改正 

     2012年6月16日改正 

                                    

第1条 本会は日本ヘーゲル学会(Japanische Hegel-Gesellschaft)と称する。

第2条 本会は、ヘーゲルの哲学・思想に関する研究を促進し、研究者相互の交流を図ることを目的とする。

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行なう。
 一 研究者相互の連絡および協力の促進
 二 研究会・講演会などの開催
 三 機関誌の発行
 四 資料・文献情報の収集整理と紹介
 五 国内および国外の関連諸学会との交流および協力
 六 その他、理事会において適当と認めた活動

第4条 本会の会員は、ヘーゲルの哲学・思想を研究する者で、会員1名の推薦を受け、理事会において入会を認められた者とする。

第5条 会員は会費を納めなければならない。
2  会費を滞納した者は、理事会において退会したものとみなすことができる。

第6条 本会の運営のため、以下の役員を置く。
 一 理事 12名以内とし内1名を代表理事とする。
 二 監事 2名

第7条 理事および監事は会員から選出される。
 一 理事8名と監事2名は選挙によって選出される。
 二 代表理事は理事会において互選する。
 三 代表理事、理事および監事の任期は2年とし、再任を妨げない。

第8条 代表理事は本会を代表する。
 一 理事は理事会を組織し、会務を執行する。
 二 理事会は必要に応じて、地域性、年 齢層、職務分担を考慮しながら若干名の理事を委嘱することができる。
 三 理事会は事務局、編集委員会その他必要な委員会を設け、委員を会員の中から委嘱することができる。

第9条 監事は本会の事務および会計を監査する。

第10条  総会は本会の最高の議決機関であり、理事会は毎年少なくとも1回、総会を招集しなければならない。
2  理事会は必要と認めたときには、臨時総会を招集することができる。
3  総会の招集にさいしては、理事会は遅くとも1ヶ月前までに書面によって会員に通知しなければならない。
4  総会の議決は出席会員の多数決による。

第11条 会員は、相互に人格と研究活動を尊重し合い、会の円滑な運営に努めるものとし、本会は、その保全のために必要な措置を講じる。
2 理事会は、そのための規程を制定し、この規程に基づいて会員に対する調査及び処分の権限を行使することができる。
3 前項の処分に対する異議の取り扱いは、総会が定めるところによる。

第12条  本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月末日に終わる。
2  監事は会計年度終了後監査の結果を総会に報告し、承認を得るものとする。

第13条  この規約の改正には総会出席会員の3分の2以上の同意を要する。

附則
1. この規約は2005年4月1日から施行する。
2. 日本ヘーゲル学会は、1986年9月に設立されたヘーゲル研究会HEGEL-FOR SCHUNGSKREIS TOKYOを母体として発足するものであり、ヘーゲル研究会会員が日本ヘーゲル学会の設立会員となる。
3. ヘーゲル研究会の資産、書類は、日本ヘーゲル学会に継承される。
4. 設立時の理事および監事の選出は、ヘーゲル研究会が行なう。
 設立時の監事2名は、2004年6月の第54回研究会総会で選出された監査2名が2005年4月からその任につき、選挙は行なわない。
5. 2005年4月1日からの事務局、編集委員その他の委員は、2004年6月の第54回研究会総会で選出された2005年度-2006年度運営委員が、設立時の理事会のもとに、その任につく。
6. 設立時の理事は、2004年12月第55回ヘーゲル研究会臨時総会で選挙実施の承認をえた後、すみやかに選挙管理委員会の管理のもとに、選挙を実施し、選出する。そのさい2005年4月1日施行予定の日本ヘーゲル学会役員選挙規程を遡及的に適用して選挙を実施する。

附則 この規約は、2008年6月14日から改正して施行する。



日本ヘーゲル学会役員選挙規程

2004年12月19日制定 
2005年 4月 1日施行 
2008年 6月14日改正  

 

第1条 この規程は、日本ヘーゲル学会の理事および監事の選挙に関する準則を定める。

第2条 日本ヘーゲル学会会員は、理事および監事の選挙権および被選挙権を有する。

第3条 選挙方法は、郵便による投票とし、理事は8名連記とし、監事は2名連記とする。

第4条 当選人は有効投票の上位者とし、最下位得票者が同数の場合には、抽選による。

第5条 選挙人名簿および被選挙人名簿は、理事会で確定する。

第6条 選挙に関する事務は、選挙管理委員会が管理する。
2  選挙管理委員会は委員3名をもって組織し、その選出は理事会が行なうものとする。
3  委員長は委員の互選による。
4  投票用紙の管理は、選挙管理委員会が行なう。

第7条 選挙管理委員会は、開票を総会までに行ない、開票結果及び当選人について総会に報告しなければならない。
2  開票に際しては、立会人を認めなければならない。
3  当選人は、総会の承認をもって理事に選任される。

第8条 この規程の改正には、総会出席者の過半数の同意を要する。

附則 この規程は、2005年4月1日から施行する。

附則 この規程は、2008年6月14日から改正して施行する。


 


日本ヘーゲル学会研究奨励賞規程

2007年6月16日制定・施行 

1(趣旨)本賞は、ヘーゲルに関する学術研究を奨励し、多くの高い水準の研究者を育成するために設けられる。

2(名称)本賞は、日本ヘーゲル学会研究奨励賞と称する。

3(授与)本賞は、原則として、年一回、一名に授与するものとする。

4(選考)本賞の選考は、日本ヘーゲル学会研究奨励賞選考委員会(以下、選考委員会)によって行なわれる。

5(選考委員会)選考委員会は、理事会によって委嘱される5名の選考委員によって構成される。

6(選考委員長)選考委員長は選考委員会の互選によって選ばれる。

7(選考委員の任期)選考委員の任期は2年とする。

8(選考過程)選考委員会は審査候補者を若干名挙げ、論文などの審査のうえ、受賞候補者について決定し、理事会に報告する。理事会は選考委員長の報告をもとに審議し、授賞について決定し、総会で報告する。

9(受賞候補資格)受賞候補者は、ヘーゲルに関する研究で将来すぐれた研究者となることが見込まれる、ほぼ40歳までの者で、当面日本ヘーゲル学会会員に限られる。

 

研究奨励賞のページに戻る

トップに戻る