日本ヘーゲル学会役員選挙規程

二〇〇四年一二月一九日制定

二〇〇五年 四月 一日施行

二〇〇八年 六月一四日改正

第一条 この規程は、日本ヘーゲル学会の理事および監事の選挙に関する準則を定める。

第二条 日本ヘーゲル学会会員は、理事および監事の選挙権および被選挙権を有する。

第三条 選挙方法は、郵便による投票とし、理事は八名連記とし、監事は二名連記とする。

第四条 当選人は有効投票の上位者とし、最下位得票者が同数の場合には、抽選による。

第五条 選挙人名簿および被選挙人名簿は、理事会で確定する。

第六条 選挙に関する事務は、選挙管理委員会が管理する。

二 選挙管理委員会は委員三名をもって組織し、その選出は理事会が行なうものとする。

三 委員長は委員の互選による。

四 投票用紙の管理は、選挙管理委員会が行なう。

第七条 選挙管理委員会は、開票を総会までに行ない、開票結果及び当選人について総会に報告しなければならない。

二 開票に際しては、立会人を認めなければならない。

三 当選人は、総会の承認をもって理事に選任される。

第八条 この規程の改正には、総会出席者の過半数の同意を要する。

附則 この規程は、二〇〇五年四月一日から施行する。

附則 この規程は、二〇〇八年六月一四日から改正して施行する。